加藤学容疑者の勤務先 豊橋市の製菓会社はどこ?自宅での大麻栽培方法とは

ライフスタイル

愛知県豊橋市の自宅庭で大麻を栽培していたとして、加藤学容疑者(41)が逮捕されました。

 

「吸いたいときに吸えると思い大麻を栽培した」と供述している加藤学容疑者ですが、今回は

加藤学容疑者の勤務先、愛知県豊橋市の製菓会社はどこ?

自宅の庭で大麻を栽培する手段とは?

について調査しました。

加藤学容疑者 豊橋市の自宅庭で大麻栽培で逮捕

事件の概要です。

愛知県豊橋市の自宅の庭で、大麻3株を栽培していたとして会社員の41歳の男が再逮捕されました。  逮捕されたのは豊橋市の製菓会社社員・加藤学容疑者(41)で、6月17日、自宅の庭で大麻草3株を栽培した疑いが持たれています。 警察によりますと、加藤容疑者は自宅に大麻を所持していたとして6月、逮捕されていて、警察の家宅捜索で自宅から大麻3株や栽培するための肥料やスコップなどが押収されていました。

引用:東海テレビ

6月の時点ですでに大麻所持で逮捕されていたのですね。

入手ルートを捜査すると、大麻栽培のためのスコップや肥料が見つかったというとこでしょうか。

2020年4月の情報では、大麻に絡む事件で逮捕・送検されたのは4年間000人を超えており、年々増加傾向にあるようです。

 

加藤学容疑者の勤務先、愛知県豊橋市の製菓会社はどこ?

加藤学容疑者は愛知県豊橋市の製菓会社に勤めているということで、豊橋市にある製菓関連会社をまとめてみました。

  • 東豊製菓株式会社 スナックやゼリー菓子の製造・卸売
  • 豊和食品株式会社 アイスクリームの製造
  • 三浦製菓株式会社 「カルシウムウエハース」「どうぶつわたがし」の製造
  • 有楽製菓株式会社豊橋夢工場 チョコレート菓子製造
  • 井村屋フーズ株式会社 菓子製造

 

など豊橋市には菓子製造~材料販売~卸などたくさんの製菓会社が集まっています。

ニュースでわざわざ「製菓会社勤務の・・・」と報道されるくらいなので、大手企業の社員なのでしょうか。

 

30円くらいで買えるマックとコラボした人気チョコレート菓子の会社や、

昔からかわらない和風アイスの会社など、

 

有名な会社の名前もありますね。

 

加藤学容疑者が自宅の庭で大麻を栽培した手段とは?

大麻を流通させるのを目的とした組織が地下室などで大量の大麻を栽培していた、などと組織ぐるみの大麻栽培のニュースは話題になったことがありますが、

今回は加藤学容疑者が個人で大麻を栽培していたとのこと。

 

それも自宅の庭で。

 

大麻の栽培方法とは、

大麻が”WEED”(英語意味:雑草)と呼ばれるるように、雑草のように簡単にそしてどこでも成長するから「WEED」と呼ばれているのです。

 

鉢植えは、開花する前に少なくとも数週間生育(vegetate)させる必要があります。

 

健全で発達した収穫を得るためには、開花が起きる前に、若苗を4〜6週間生育させるべきなのです。

この生育期間中、植物に最低16時間の光を与えるべきですが、18~20時間光を当てる方が安全な選択でしょう。

以上引用:https://pro.taimauniversity.com/

 

光を浴びさせる時間を調節すれば比較的育てやすい植物とされています。

ですが自宅の庭で栽培するとなると、光の調節は難しそうですね。

 

加藤学容疑者が栽培していた大麻は3株と言うことですが、うまく成長していたのでしょうか。

 

今や世界の半数の国で大麻は合法化されていますが、日本ではもちろんダメです。

決して育ててみよー!なんて安易に思わないでください。

 

Q1 大麻草は、栽培できるのですか?
A1  日本国内では都道府県知事が交付する「大麻取扱者」免許があれば栽培することができます。免許には、農家の方を対象とする「栽培者免許」と
   麻薬取締官や大学研究者などを対象とする「研究者免許」の2種類あります。代表者の一人が免許を取得していれば、その家族や会社の従業員は栽培   に従事することができます。
引用:http://www.hemp-revo.net/report/1108.html
上記で言う大麻とは、麻薬研究や医療用を目的としたものです。
一般人が快楽のために栽培するものではありません。

まとめ

 

 

 

日常で的に大麻での逮捕が起こっており恐いですね。

10代や20代の若者による大麻使用も問題となっています。

 

一部では合法化を推す声もありますが、やはり現法律を犯すような事件が続いては、合法化は許されるべきではないと個人的には思ってしまいます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント