子供のわがまま、癇癪、手に負えない・・もしかして愛情不足なの?!

子育て
Greyerbaby / Pixabay

日々子育てに追われるママのみなさん、お疲れ様です。

突然ですが、うちの子5歳と3歳なのですがなんかもう癇癪がヒドイ!!!
今、「うちも!うちも!」と思ったアナタ・・・。気が合いそうですね。

どこにスイッチがあるのか、ママからしたらなんでもないことでいきなりキーーーーー!となって泣いて暴れて・・。
それが外出先だと人前で床を転げ回るわ空気読まず大泣きするわで、手に負えなくなってしまいます。

この子はいったい何が気に入らないんだろう?
そんなに泣いて暴れて私に何か伝えたいの?
もしかして、愛情不足??

我が子のこと心の底から愛おしいはずなのに、子供には伝わってないのかな?なんて不安になることありませんか?
ママだって人間ですから、つい叱ってしまうこともあるし家事や仕事など、子供ばかりに構っていられないこともありますよね。

というか毎日そんな感じですよね。

もっと子供に向き合って一日中そばにいたいけれど、そんなの無理です。
姉弟がいたらなおさら。外でお仕事をしていたらさらになおさら。

言葉は上手になってきたけれど、自分の気持ちを上手に伝えられない子供のわがままや癇癪について紐解いてみましょう。
そして自分たち親子にとってよりよい関係を築けるようになりたいですね!

愛情不足を感じたら子供はわがままになるの?

子供がわがままで言うこと聞かなくて、それは親からの愛情不足だからです。
子供は親に構って欲しくて必死にアピールしているのです。

そんな話を聞いたことがありませんか?
確かに、子供は愛情不足からいろいろなところでそのサインを出しています。
例えば、悪さやイタズラ、嘘をつくなどもそのサインです。

何か理由を作ってママに構ってもらおうとするのです。
指しゃぶりやおねしょなども、不安やストレスが一因になっていたりします。

わがままや癇癪も、そのサインの一つです。
ママを困らせる行動をとれば、叱られるなり話を聞いてくれるなり、何かしらママがこちらを向いてくれるからなのです。

正しい愛情の伝えかたって?

親だったらほとんどの人が我が子に愛情を持っていますよね。
愛情とは無条件に愛すること。良いところも悪いところも全て認めてあげることです。
少なくとも「うちの子のわがままが愛情不足のサインなのでは・・・」と心配するママはそれだけで子供に愛情を持っていると言えます。

ただ、愛情を持っているからと言って、子供がそれを感じていなければ残念ながらその思いは一方通行になってしまいます。
子供へ愛情を伝えるのには、スキンシップが1番です!

前述のように子供のわがままや癇癪が愛情不足からならば、ママはまずその忙しい時間を少し見直してみましょう。
お迎えの時にぎゅーっと抱きしめる膝枕で歯磨きをしてあげる、そんな小さなことで良いのです。

そして子供がわがままを言って言うことを聞かないのなら、まずは「うんうん。そうなんだ」と共感してあげることが大事です。
ママの本心はそうでなくても、とりあえず1度は共感をしてあげてください。

子供の存在を認めてあげる、子供の気持ちを認めてあげる
文字では難しいように思いますが、上記のような小さなこと、簡単なことで良いのです。

これを試してみて、子供が少し落ち着いた様子を見せたなら、愛情が伝わり切れていなかったということ。
忙しくても少し意識して子供とのスキンシップを図りましょう。

愛情不足ではない場合

うちの子わがままなんだけど、癇癪も起こすけど、愛情不足なのとはちょっと違う気がする・・。
何をするにもイヤって言うんだよなぁ・・・

  • 朝ご飯食べて → イヤ
  • じゃあ食べなくていいよ → イヤ
  • ママお仕事行くから保育園行こうね → イヤ
  • おまたせ!帰ろっか! → イヤ
  • とにかくとにかくわがまま。

2~3才くらいが1番ひどいでしょうか。
物事が何一つうまく進まないんですよね。
強硬手段に出ようものなら泣き叫んで転げ回るし、時間や場所なんてお構いなし

赤ちゃんの時からよく泣いて手のかかる子だなと実感していればある程度諦め半分になれるかもしれませんが、こうなったのは最近
ママの気持ちの方が追いつかないですよね。
そしてこんなこと、周りには相談できなくてイライラ、モヤモヤしてるママは少なくないはず。

でも安心してください。
同じことで悩むママはたくさんいますよ!
みんなの子供への接し方やかわし方をみてみましょう。
気難しい子でも子育てが楽しくなるヒントがたくさんありますよ!

とにかく褒める

  • とにかくヨイショで乗り切る。テンション高めで、大したことないことでもとにかく「さすが!」「エラいね!」とすかさず褒める。
  • 子供から「えらい?」「できたよ!すごいでしょ!」って言ってきたときは褒めるチャンス!

子供がワガママを言うのはママに構って欲しいから。
すごいね~!と褒めてあげることで、その欲求が満たされます
できて当たり前のことでもいいです
スーパーで欲しいものが買って貰えなくて泣いていて、散々騒ぎ散らした後でも「ちゃんと泣きやめてえらいね!」と言うんです。

ママとしては「派手にやってくれたな!くそー!」でしょうが、子供はちゃんとママに認められたと言う満足感から、スイッチが切り替わったようにご機嫌になります。
テンション高めでヨイショするのはすっごく疲れるんですが、子供の気を引くには歌のお兄さんくらいのテンションでないと通じません。

イライラし続けて疲れてしまうよりマシだと割り切りましょう。

共感する

  • お菓子などのおまけが欲しいものでなかった → これはママも欲しくないわ・・・
  • ママなんかきらい!!! → そうよね・・○ちゃんを怒らせちゃうママってほんと悪いよね・・
  • おもちゃ買ってよーーーー!! → これ欲しいの?いいね!良いセンスしてる!ママもほしーい!

などなど・・。
子供の欲求を復唱して共感します叶えてあげられなくてもいいのです。
共感した後に「でもね・・○○だから・・・できないんだ・・・」と不可能な理由を説明します。
ボルテージが上がりっぱなしだった子供の気持ちが鎮まり始めます。

まとめ

うちの子、ワガママで大変・・他の子はもっと良い子に見えるのに・・。
私の躾がいけない?もしかして愛情不足?
と不安になってしまいますよね。

本当に愛情不足だったり、もしかしたらアスペルガーによる固執だったりも考えられますが、お母さん、少し立ち止まって良いんですよ。
時には「こういう時期だ!」「早くも来たか!反抗期!」とどっかり構えることも必要です。

必要以上に子供の癇癪に敏感になってしまっては、子供の欲求に気付くことができません。
わがままを言われた時にまたか・・とカッとなってしまうより、一呼吸おいて「そうか・・」と呟いてみましょう。
子供の欲求に応えるのにも、ママのイライラを押さえるのにも、まずは共感することからです。

愛情不足なんかではありませんよ。

ママだってひとりの人間だし、時にはイライラを押さえられず怒ってしまうことだってあります。
でもそれは、子供に向き合おうとする姿勢でもあるのです。
それだけでも十分子供に愛情をもっていると自信を持ってくださいね!

子育て
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント