【世界一受けたい授業】味噌汁で風邪予防?!ダイエットにも効果的なレシピはこちら!

料理

テレビ番組、世界一受けたい授業で紹介された味噌汁健康法が話題になっています。

味噌汁を飲みすぎると塩分の摂りすぎで高血圧に…

なんてのはもう古い情報です!!

そんな情報に惑わされて、味噌汁を具だけしか食べない人も多いのでは?

世界一受けたい授業ではお医者さんが

長生きしたければ味噌汁を飲め

と断言されています。

さらにはダイエット効果も期待できるとのことで、今回は

  • 味噌汁健康法の効果
  • 健康味噌玉の作り置き方
  • アレンジ方法

をご紹介していきます。

味噌汁健康法の効果

テレビで紹介された味噌汁健康法では以下のような効果が期待できます。

  • 2週間の味噌汁を飲み続けると血管年齢が20歳も若返る
  • 胃がんや乳がんでの死亡率が低い
  • ダイエットにも効果的
  • 味噌汁を飲む人の方が高血圧になる確率が約80%低下

食塩を摂取するのと、同量の塩分を味噌汁から摂取するのでは血圧の上がり方が全く違います。
味噌汁で塩分を摂取しても血圧は上昇しません。

この健康法を編み出したのはお医者様の小森弘幸先生。

この先生もこの長生き味噌汁を飲むだけで2週間で2キロの減量に成功したそう♪

味噌汁が健康に良いと言うことは専門の本も発売されているように、じわじわと浸透しているようです。

基本の味噌玉の作り方

長生き味噌汁に使われるスペシャル味噌の作り方をご紹介します。

材料

赤味噌(メラノイジンという抗酸化作用成分が豊富)

白味噌(ストレス軽減に効果的なGABAが豊富)

すり下ろし玉ねぎ(腸内環境を整えるオリゴ糖が豊富)

リンゴ酢(腸内に住む善玉菌のエサになるグルコン酸を含有)

作り方

上記の材料を全て混ぜるだけ!

材料を混ぜるととろとろの液体になるので、深めの製氷皿に入れて冷凍します。

3時間ほどで固まり、冷凍保存で2週間の保存が可能です。

味噌汁1杯に30グラムなので計って保存しておくと、調理も楽ちんです。

美味しく続けるためのアレンジレシピ

味噌汁を飲むのが日課ではない人にとって、毎日飲み続けるのは飽きてしまう・・

そんな人にオススメの具材アレンジレシピを紹介します。

長生き味噌汁は出汁要らず?!

長生き味噌玉には2種類の味噌と、玉ねぎとリンゴ酢が入っているので普通の味噌よりも旨味がたくさん入っています。

わざわざ出汁をとらなくても、具材を工夫するだけで出汁要らずの味噌汁が完成します。

テレビで紹介されたオススメの味噌汁の具

ニラとベーコンの味噌汁

千切りのショウガ・ニラ・ベーコンと水を鍋で煮込み、具材に火が通ったら味噌玉を溶かします。

疲労回復効果のあるビタミンB1が含まれるベーコンと、ビタミンB1の吸収を高めるニラとの組み合わせで疲労回復が期待できます。

まぐろの味噌汁

  1. 水・酒・ショウガの千切り・玉ねぎを入れてひと煮立ち
  2. ぶつ切りのまぐろを加え玉ねぎが柔らかくなるまで煮込む
  3. 味噌玉を溶かして完成
まぐろには脳の老化を予防するDHAや、脳を健康維持するためのEPAが豊富に含まれています。

脳の活性化にとても効果的です。

トマトの味噌汁

  1. 水とへたを抜いたトマトを丸ごと鍋に入れ10分加熱
  2. 味噌玉を溶かして完成
  3. オリーブオイルを垂らすと洋風のスープに
がんの原因のひとつである活性酸素をトマトに含まれるリコピンが抑制してくれます。

さらにトマトは生で食べるよりも、加熱した方がリコピンの吸収率が高くなります。

オリーブオイルのオレイン酸には悪玉コレステロールを減らす働きがあるので是非かけて食べて下さいね。

きのこ味噌汁

    1. マイタケ・しめじ・しいたけ・エノキなどのきのこを食べやすいように切る、またはほぐす
    2. 水と共に一煮立ちさせたら味噌玉を溶かす
食物繊維の多いきのこ類はダイエットにぴったりです。

しいたけやマイタケには免疫量を高めるβグルカンも豊富で風邪予防にも効果ありです。

鶏団子の味噌汁

  1. 鶏挽肉ネギのみじん切りとおろし生姜を加え混ぜる
  2. 煮立たせたお湯の中に丸めて落とす
  3. 豆乳を加え一煮立ちしたら味噌玉を溶かす
  4. 黒コショウをトッピング
豆乳に含まれるサポニンが中性脂肪の吸収を抑え、悪玉コレステロールが増殖するのを防ぎます。

また、豆乳の大豆タンパク質には体内での吸収や分解に時間がかかるので満腹感が持続します。

ダイエットに最適な味噌汁ですね。

ブリときのこのヨーグルト味噌汁

  1. 水・酒・ショウガを沸騰させる
  2. ブリを入れてひと煮立ち
  3. さらにきのこを入れて加熱し、味噌玉を溶かす
  4. 無糖ヨーグルトを大さじ2杯入れる
ブリに含まれるEPAは善玉コレステロールを増やし、中性脂肪を減らす働きがあります。

またヨーグルトには肥満予防の効果も。

ヨーグルトを入れることでまろやかでコクのある味噌汁になります。

豚肉とパクチーの味噌汁

  1. 豚肉・ショウガ・唐辛子を鍋で炒める
  2. 水を加えひと煮立ち
  3. 味噌を溶かしてバターを添えて完成
疲労回復の効果があるビタミンB1を含む豚肉に、その吸収を助ける硫化アリルを含んだパクチーの組み合わせです

整腸効果も期待でき、ダイエットに最適ですね。

厚揚げの酒粕汁

  1. 厚揚げ・にんじん・しいたけ・水を鍋に入れてひと煮立ち
  2. 酒粕と味噌玉を溶かし完成
酒粕に含まれるα-ハイドロキシン酸は免疫機能を高める働きがあり、がんの予防にぴったりです。

また、美肌効果を期待できるアルブチンも豊富です。

ゴロゴロかぼちゃ味噌汁

  1. かぼちゃ・玉ねぎ・ベーコン・水を鍋に入れて煮込む
  2. かぼちゃが柔らかくなったら味噌玉を溶かして完成
かぼちゃに含まれるβカロテンが活性酸素を抑え、免疫力を高める働きをします。

またβカロテンは油と一緒に摂ると吸収されやすいのでベーコンがぴったりですね。

こんな組み合わせもあるよ

  • ねぎだく納豆味噌汁
  • ズッキーニとミニトマトの味噌汁
  • ナスの味噌汁
  • めかぶと大根の味噌汁
  • エビとアスパラガスの味噌汁
  • レンコンとさつまいもの味噌汁
  • マッシュルームとエビの味噌汁
  • 豆腐とえのきの酸っぱからい味噌汁
  • オクラともずくの味噌汁
  • カリフラワーとウインナーの味噌汁
  • 切り干し大根と生の大根、W大根の味噌汁

味噌汁以外にも使える!

この長生き味噌玉は溶かして味噌汁にする以外にも、料理にもアレンジできちゃいます。

味噌チーズトースト

  1. 長生き味噌にバターとはちみつを加えよく混ぜ合わせる
  2. 食パンに塗る
  3. とろけるチーズを散らしてトースターでこんがりと焼く

味噌ボロネーゼ

  1. みじん切りにしたにんにく・セロリをオリーブオイルで炒める
  2. 挽肉を加えさらに炒める
  3. トマト缶・唐辛子・水を加えひと煮立ちさせ、砂糖で味を調える
  4. ペンネを入れ柔らかくなるまで煮込む
  5. 味噌玉を溶かして完成

まとめ

いかがでしたか?

テレビを見逃した人もこの記事を参考に長生き味噌汁に挑戦してみて下さい。

ポイントは具だくさんにすること。

食べ合わせによって効果的なもののレシピを紹介しましたが、いろいろな具材を取り入れるとそれぞれがきちんと効果をもたらしてくれます

和食オンリーな味噌汁かと思いきや、洋風にアレンジしたりエスニック風にも使えるスペシャル味噌で飽きずに続けられそうですね。
毎日飲み続けることで、血管年齢腸内環境自律神経などが改善されるという結果も公開されました。
出汁要らずで冷凍ストックが作れるので、職場にストックを置いておくとランチタイムにも飲めてお手軽ですね。

味噌汁以外にも調味料としていろいろと使える便利なスペシャル味噌玉、ぜひみなさんも作ってみて下さい。

料理
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント