手越祐也ジャニーズ退所でOPENRECはどうなる?今後の具体的な活動内容の詳細についても

ニュース
Pexels / Pixabay

コロナウイルスの影響で外出自粛が求められる中、NEWSの手越祐也さんが度重なる不祥事で無期限の芸能活動休止(自粛)処分を受けたことに関して、

手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所する意向を固めたと報じられました。

 

手越祐也さんの

  • 今後の活動内容
  • アンバサダーを勤めるOPEN LECはどうなるのか

について調査しました!

手越祐也さんジャニーズ退所後の今後の活動内容は?

 

報道によると、手越さんは以下のようにコメントしていると言います。

 無期限の活動休止という新たな処分が下された手越。今後、事務所側と協議するとみられるが、気持ちは退所で固まっている。  知人によると、手越はすでに個人事務所の設立を準備中。退所後は自身の知名度を生かして「実業家になりたい」などと話しているという。

 

これまでも自身の何かと軽率な行動が報道されてきており、事務所の方針とは対立したキャラクターであった手越裕也さんですが、

今後は独立して個人事務所を設立する準備をしているとのこと。

 

芸能人が個人事務所を設立するメリットは

  • セルフプロデュースができる
  • セルフプロモーションができる

という点でしょう。

 

手越裕也さんの場合、女性関係のゴシップが度々報道されたり、ジャニーズ事務所のアイドルらしからぬ行動が取り沙汰されています。

最近ではそのチャラさがキャラクターとしてウリになっているものの、さすがに事務所の方針に反した行動が今回の事態を引き起こしてしまったようです。

 

個人事務所を設立すると、そのチャラさを生かした仕事を自分でプロデュース・プロモーション(売り込み)ができるわけですから、自身のプライベートにルールを設ける必要もなくなるのです。

 

「知名度を生かして」と仰っているので、今後もメディアへの出演も十分に考えられるでしょう。

 

「実業家になりたい」と仰っている点に関しては、手越さんの趣味に関する物のプロデュースや生産、企画事業が考えられますね。

例えば手越祐也さんの趣味が

  • 音楽鑑賞
  • ゲーム
  • サッカー
  • ビリヤード
  • ダーツ
  • スノーボード

であることから、

  • 音楽活動(自身のアーティスト活動)
  • ビリヤードやダーツバーなどの経営
  • スノーボードやサッカーなどのグッズプロデュース
  • YouTuberとしてゲーム実況

などの活動が考えられます。

 

今回の軽率な行動に関して世論は様々ですが、手越祐也さんのチャラいキャラクターは十分注目度の高いキャラクターですので、売り込み方によっては十分成功できるでしょう。

 

 

手越祐也さんジャニーズ退所でOPENLECでの今後の活動はどうなる?

手越祐也さんはゲーム好きを買われ、2020年2月よりOPENRECのアンバサダーとしても活躍されています。

 

OPENRECとは

ゲーム実況やプレイ動画、ライブ配信が楽しめる新しい動画コミュニティプラットフォームです。

 

手越祐也さんのOPENREC公式チャンネルは

  • 動画投稿数:27本
  • 総再生回数:254万9985回
  • フォロワー数:6万600人

と人気のチャンネルとなっています。

 

動画内ではイッテQでも共演しているお笑い芸人のおかずクラブやカミナリ、R-1チャンピオンの野田クリスタルなど共共演しており、手越ファン・お笑いファン・ゲームファンなど幅広い層からの人気を集めています。

 

しかし、OPENRECのアンバサダーとなったのも、ジャニーズNo.1のゲーム好きだったからこそ。

ジャニーズ事務所のプロモーション無しには獲得できない仕事だったと思われます。

 

今回の騒動でジャニーズ事務所を退所することになった場合、一旦はOPENRECのアンバサダーからは外されてしまう可能性も高いでしょう。

 

しかしOPENRECでの人気や、今後のセルフプロデュースによってはゲーム実況者としての活動の道は残されているとも考えられます。

 

まだまだ市場が開拓されたばかりのゲーム動画配信プラットフォームなので、手越裕也さん程の知名度を簡単に解任することも惜しい物と言えます。

ジャニーズ事務所からの圧力さえなければこのままOPENRECのアンバサダーとしての活動は続けられることも十分にあり得ますね

 

 

手越祐也さんがジャニーズ事務所を退所する理由

今更ですが、手越祐也さんがジャニーズに事務所を退所する意向を固めた理由は、

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に何度も外出。期間限定ユニット「Twenty★Twenty(通称トニトニ)」のメンバーから外され、さらに無期限の活動休止という新たな処分がこの日、発表された。一連の処分に反発した手越が、独立を決断した形だ。

(中略)

退所決断の背景にあるのは処分への不満だ。特に「トニトニ」のプロデューサーを務める滝沢秀明副社長(38)に強く反発しており「自分をトニトニのメンバーから外す処分を主導したのが滝沢さんだと思い込んでいる。今後も“滝沢体制”が続くのなら出て行ってやるよということ」(知人)という。

引用:Yahoo!ニュース

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為の外出自粛要請にも関わらず、度重なる外出・女性を伴う飲酒の席が原因だそう

ジャニーズ事務所が、コロナ収束の為に外出自粛を呼びかけるプロジェクト【Twenty★Twenty】を立ち上げたばかりでのこの行動ですから、世間からも「相応しくない」など批判を浴びていました。

1度目は手越祐也さんの知名度や人気を加味しての厳重注意だった物の、2度、3度重なればさすがに許してもらうことはできなかったよう。

 

まとめ~ネットの声~

今回の手越祐也さんの行動に関して、ネットでは様々な声が上がっています。

 

手越祐也さんのファンからの言葉はとても勢いがあり熱く拡散されています。

もし事実ならば、この手越さんの退所・独立の判断は皮肉抜きで極めて賢明です。実業家としては未知数ですが、タレントとしてはチャラいキャラとして十分な素質があるからです。ジャニーズとの関係を切ることも、単に同事務所との相性が悪かっただけです。

引用:Yahoo!ニュースコメント欄

 

今回のことは「チャラい」とか「キャラ」ではすまないレベル。芸能界でも亡くなられた方もいる中で、もし感染したら自分の問題だけでは済まされない。しかも遊び歩いていたのが原因なんて、本人だけでなく、グループ、事務所にも影響は計り知れない。
キャラだったら面白いけど、今回のことは人間性を疑う。

引用:Yahoo!ニュースコメント欄

 

確かに束縛はなくなり、自由にはなるでしょう。
しかしジャニーズでなくなったら芸能活動は今までのようには行かなくなるとは考えないのでしょうか。

引用:Yahoo!ニュースコメント欄

 

このように見解している人も多数います。

 

現時点で手越祐也さん本人のコメントが発表されていないため、今後の意向については完全に噂や憶測のままですが、このまま無言を貫くのも難しい状況となっています。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ニュース
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント