ドライハーブの上手な使い方!おすすめ料理レシピ

ライフスタイル
stevepb / Pixabay

みなさんこんにちは!
料理の香り付けや風味付けに重宝するハーブ

スーパーの調味料コーナーではさまざまな種類が販売されていますね。
それに育てやすく増やしやすいので庭先のちょっとしたスペースやベランダ、キッチンでも栽培できるので、家庭菜園初心者の方でも容易に収穫まで育てる事ができ人気です。

ただ、収穫してドライにしたは良いけれど使い切れない・・・
一度使うために購入したドライハーブも、その後なかなか消費することがなく使い切れない・・・

などの問題が。。
今回はドライハーブを日常的に活用できる料理レシピをご紹介します。

肉料理

ただソテーするだけなのにハーブが加わると一気にお店の味に格上げされますね。
肉やハーブの種類はどのような組み合わせでも比較的失敗がありません。

豚肉のハーブロースト
漬け込んで焼くだけ。簡単な作り方で、豚のかたまり肉を香りよくジューシーに仕上げます。

フレッシュハーブをと記載がありますが、私はタイムにオレガノローズマリーのドライをちぎって使いましたが、とっても美味しくできました♪
数種類のハーブを組み合わせるのがポイントです。

ハーブサラダチキン
たっぷりのお湯に袋に入れた鶏肉を漬けておくだけで簡単♪下味の漬け込み時間も不要。作り置きにも使えるサラダチキンです。

ハーブを加えるだけでこれまでの蒸し鶏や茹で鶏、塩鶏とは美味しさが何倍も違います!
お湯につけて放置するだけなので、特別な加減やテクニックはいりません。
常に常備しておきたい一品ですね。

手羽先のハーブグリル
お弁当に!前日から漬け込んで、朝は焼くだけ。香ばしく焼けたチキンとハーブの香りが食欲をそそります♪

レシピでは手羽先を使っていますが、私は手羽元で作るのがお気に入りです。
華やかなパーティーレシピとしてもいいですね。

ハーブ香るチキンスティック
マヨネーズ+塩胡椒+ハーブの効果で何もつけずにそのまま美味しく召し上がれます。 冷めても美味しいのでお弁当にもオススメです。

お安いささみをつかってもこんなにおしゃれで美味しいおかずができます。
冷めても美味しいのでお弁当に重宝しますね。

ハーブソーセージ
好きなハーブを入れて・・・レンジでチンして好みでさっと焼いてみても♪ ふんわりハーブが香る簡単ソーセージです。

おしゃれで香り高いソーセージも自家製で簡単にできちゃいます。
ハーブはあるものを使って美味しく出来ます。

海鮮料理

ハーブはお肉だけでなく、魚介類とも相性抜群です。
マンネリになりがちな魚料理のレパートリーが広がりますよ。

鯖のガーリックハーブ焼き
脂ののった真鯖をにんにくとハーブで焼きました。 皮はカリッと、中はふっくらとジューシーです。

にんにくとハーブの香りが食欲をそそります。
ご飯だけでなくパンにもよく合います♪
フライパンでカリッと焼くのがおすすめです。

牡蠣と塩レモンのハーブソテー
生食用の牡蠣をオリーブオイルと塩レモンでソテーしました。さっと炙る程度でハーブの香りを楽しめるフィンガーフードです。

ハーブの香りと牡蠣の旨味は相性抜群!
おもてなしや記念日料理にぴったりです。

タラのソテー。ハーブトマトソース。
シンプルなタラのソテーに、ハーブの効いたミニトマトのソースをかけて。カリカリのガーリックのトッピングもポイントです。

普通のマーガリンやバターにお好みのドライハーブを組み合わせても美味しくできます。
白身魚とハーブはとても相性がよく、格上げ度も高いです。

タコのおつまみ、ガーリック&ハーブ風味
刺身用の茹でダコに、ガーリックパウダー&ハーブソルトで味付けして、さっと炒めました。ワインにあいます!

おしゃれなバル風のレシピです。
エビでも同様においしく作れます。

サーモンのハーブカナッペ
お刺身用のサーモンをハーブでマリネしクラッカーの上に乗せて。切って和えるだけなので簡単!おしゃれな前菜に。

マリネにハーブを加えると一気に本格的な味わいになります。
レシピではディルを使っていますが、フェンネルやタイムもオススです。

野菜料理

肉料理や魚料理以外にも、サラダにトッピングしたり自家製ドレッシングにしたり・・・
ハーブは野菜とも相性が良いのです。

パン粉のハーブふりかけ
中途半端に余ってしまったパン粉の活用!お酒にも合うパン粉のふりかけです。にんにくとハーブが香ります。トマトや卵にかけるだけで1品できあがり♪

余ったパン粉でなくてもわざわざ作りたいくらい美味!
サラダに振りかけても食感が楽しい一品になりますね。

エリンギのガーリックハーブ焼き
エリンギにオリーブオイルを塗り、ガーリックパウダー、ハーブソルトをふって、トースターで焼くだけ!簡単もう一品おつまみの出来上がり!

きのこの風味とハーブの香りはとっても相性抜群です。
エリンギのほかにしいたけや、エノキの軸でも美味しくできました♪
ハーブは何でもOK!

ラディッシュのハーブ浅漬け
ラディッシュをハーブと塩で揉んで浅漬けに。最後にオリーブオイルをたらり。色鮮やかなので洋風献立の簡単副菜に便利です。

ハーブは好きな物をなんでもOK!
おかずが1品足りないとき、彩りを添えるのにも持って来いですね。

フレンチハーブミックスとドライトマトのおにぎり
フレンチハーブミックスとドライトマトをプラスして洋風おにぎりにしてみました。

トマトの旨味と粉チーズのコク、ハーブの香りが相性最高です!
パスタに合わせそうな食材ですが、ご飯でもとっても美味しいですよ。

ハーブを使った調味料

収穫しすぎて余ってしまうハーブは調味料に加工すると保存性もアレンジ性もアップします。

ハーブオイルの作り方
熱して作るハーブオイルの作り方です。ひと手間でふんだんな香りをお楽しみいただけます。

ハーブを刻んでオイルで軽く煮るだけで、お好きな香りのハーブオイルが作れます。
ニンニクを加えるとより食欲が増しますね。

ハーブ塩麹
ハーブの香りと麹のうま味と塩味を加えた「ハーブ塩麹」です。お肉や魚やチーズにも抜群の美味しさを引きだします。ローズマリーは血流を促し体を整えます。セージは喉の痛みを和らげ殺菌するといわれます。

肉料理や魚料理に定番の塩麹にもハーブの香りを。
ハーブはフレッシュな物を使います。
数種類をブレンドしても良さそうですね。

【自家製ハーブレモン塩】
自分で作るお手軽調味料☆ハーブとレモンの香りが塩を美味しく、料理の幅を広げてくれます。

レモンと塩を混ぜて熟成させるだけなのに、旨味抜群で万能な調味料の出来上がりです。
そこに好きなハーブを加えましょう。
料理がより本格的になりますよ。

ジャムのようなハーブの蜂蜜漬け
簡単ハーブレシピです♪ ビタミン豊富な「ハイビスカス」を使用しました。体内から日焼け対策ができます。美肌効果も抜群です。 パンやクラッカーには勿論、ヨーグルトやチーズにも合いますのでオードブルに添えていただくのもオススメです。 蜂蜜を使用していますので1歳未満のお子様にはお召し上がりいただけません。

余ったハイビスカスティーの消費にも!
煮詰めない、混ぜるだけなのにジャムのような食感に♪
ヨーグルトに合わせるのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?
彩りや風味付けに欠かせないハーブですが、1つの料理のためだけに購入するとなかなか使い切れません。
また、庭先で育てるハーブはどんどん成長して消費が追いつかないこともありますよね。

ハーブには良い香りだけでなく、リラックス効果や鎮静効果など、さまざまな薬効が含まれています。
ドライにすることでその効果をギュッと濃縮させています。

ぜひ日常の料理に取り入れて良い効果を得たいですね。
今回紹介したレシピはどれも簡単で、アレンジしやすいものばかりです。

そしてお気づきですか?
ハーブを使ったレシピはとっっっってもシンプル!
焼き物にハーブを添えるだけ、漬け込むだけ、それだけで料理の味が1ランクも2ランクもアップします。

使い切れなかったり、収穫しすぎたハーブ、ぜひ活用してみて下さいね!

ライフスタイル
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント