ヒゲドライバーの本名・年齢・出身高校などwiki!前職はホスト?妻との馴れ初めや共演作・有名代表作も!

ライフスタイル
belozerovkids / Pixabay

声優の小澤亜季さんと8月10日に入籍されたヒゲドライバーさんの

  • 本名や年齢・出身高校などwikiプロフ
  • 誰もが知ってる有名代表曲やジャニーズ提供曲
  • 妻・小澤亜季との馴れ初めや共演作

について調査しました!

 

ヒゲドライバーの本名・年齢・出身高校などwikiプロフィールまとめ!

  • 名前:ヒゲドライバー
  • 本名:シンゴ
  • 生年月日:1983年生まれ(37歳?)
  • 出身地:山口県
  • 職業:シンガーソングライター・作詞家・作曲家・編曲家・ギタリスト・DJ
  • 前職:ホスト
  • 事務所:TOKYO LOGIC
  • SNS:公式HP Instagram Twitter

 

ヒゲドライバーさんは山口県出身のミュージシャンです。

生年月日・年齢については公式プロフィールでは公表していないものの、過去のインタビュー記事で1983年生まれであることを明かしています。

 

作曲や編曲、バンド活動や楽曲提供など、幅広い音楽活動をされているミュージシャンです。

ジャンルはチップチューンという、ゲーム内で使われる「ピコピコ」した感じの音を組み合わせる楽曲を多く作られています。

ご本人曰く、

音楽を作り始めた当時はチップチューンというジャンルを知らず「ピコピコ系ミュージシャン」と名乗る方がしっくりくる

のだとか。

 

ヒゲドライバーという名前は、当初はユニット名だったそう。

小・中学生時代の友達を誘ってバンド活動を開始しようとした矢先、相方のジョンストライプスさん(現在でもたまにCDのクレジットなどに名前を入れるそう)が、希望していた消防士試験に合格。

 

ユニットとしてのヒゲドライバーは活動することがなかったそうです。

 

ユニットとして活動するまでは、ヒゲドライバーさんは「シンゴ」と本名で活動をされていました。

 

ヒゲドライバーさんには母・兄・妹と3兄妹の真ん中。

父親はヒゲドライバーさんが大学を卒業する頃、癌で亡くされています。

 

両親は学校の先生で、お兄さんとは2個違いで小・中・大学が一緒だったそう。

 

出身中学は、山口県宇部市立黒石中学校です。

小学校時代はファンクラブもできるほどモテていたとか。

 

 

また同じ宇部市内の高校では

  • 宇部工業高等学校(偏差値50)
  • 宇部工業高等専門学校(偏差値60)
  • 宇部鴻城高等学校(偏差値38~50)
  • 宇部高等学校(偏差値67~68)
  • 宇部商業高等学校(偏差値49)
  • 宇部中央高等学校(偏差値49)
  • 宇部西高等学校(偏差値43)
  • 宇部フロンティア大学付属香川高等学校(偏差値42~62)
  • 慶進高等学校(偏差値47~62)

があります。

進学校に通っており、通学や勉強が忙しくあまり充実した高校生活ではなかったようです。

 

出身大学は九州大学工学部エネルギー科学科・流体力学専攻でした。

なんと同じ学部に女子は2人しかおらず、一時期は合コン三昧な日々もあったそう。

 

卒業後は教師になることを目指していたようで、教員免許も取得されています。

 

大学生の頃は人生最大の恋愛を経験するも、成就することなく散ってしまい、

男らしさを身に付けるためにホストクラブで働き始めたのだとか。

 

男らしさを身に付けられたかどうかは別として、ホストクラブ時代の経験を元に作られた楽曲もあります。

 

全ての経験がヒゲドライバーさんの糧になっているのですね。

 

ヒゲドライバーの曲ってどんな曲?誰もが知ってる代用曲やジャニーズに提供した曲を紹介

ヒゲドライバーさんが音楽を世間に発表しはじめたのは2005年ごろから。

2008年にはWindowsXPの効果音だけで作った曲「Hello Windows」をニコニコ動画で発表し、わずか1週間で再生数20万回の大ヒットとなりました。

現時点では160万再生となっています。

 

その後2008年~2011年の間に8作ものオリジナルアルバムを製作・発表しています。


積極的に楽曲配信や提供、コラボなどを行っています。

 

ヒゲドライバーさん曰く、それでも音楽だけで食べていけるようになったのは2013年ごろからとのこと。

 

こちらのアルバムにはヒゲドライバーさん最強アニソンが収録されています。

活動15周年を記念して9月30日に発売されます。

 


 

このアルバムにはTVアニメ「機巧少女は傷つかない」エンディング曲【回レ!雪月花】や、映画「ノーゲーム・NOライフゼロ」のテーマソング【THERE IS A REASON】などKADOKAWAアニメを彩るヒット曲が全16曲収録されています。

 

 

ヒゲドライバーさんを知らなかった方も、曲を聴いたらあ!と気付くのではないでしょうか^^

 

また、ヒゲドライバーさんはアニメやゲームソングだけでなく、ジャニーズにも楽曲提供されたことで話題となりました。

Aぇ!group【アエテオドル】【Firebird】の作詞作曲をヒゲドライバーさんが担当されています。

ヒゲドライバーと妻・小澤亜季との馴れ初めや共演作品は?2ショット写真はある?

ヒゲドライバーさんと小澤亜季さんは仕事を通じて知り合い、交際を始めたとのこと。

詳しい馴れ初めは今後聞くことができると良いのですが、

きっかけとなった共演作品は

テレビアニメ 「月刊少女野崎くん」

かと思われます。


 

2014年に放送されたアニメで、ヒロイン・佐倉千代の声を担当したのが小澤亜季さんです。

このアニメのエンディングテーマ【ウラオモテ・フォーチュン】を手がけたのがヒゲドライバーさんです。



 

お二人にとっては思い出の曲ですね。

 

 

ライフスタイル
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント