【ドラマ・恐怖新聞】あらすじ・キャストをネタバレ!原作を無料で読む方法は?

ライフスタイル
KELLEPICS / Pixabay

フジテレビ系列大人の土ドラシリーズとして、8月29日から放送される【恐怖新聞】が「史上最も恐いドラマ」と注目です。

今回はドラマ・恐怖新聞について

  • あらすじ・ネタバレ
  • キャスト一覧
  • 原作との違い・原作を無料で読む方法

をご紹介します。

【恐怖新聞】ドラマのあらすじ・ネタバレ

  • 主人公は小野田詩弦(20)
  • 京都市内の大学に通う女子大生
  • 進学を機に一人暮らしを始める
  • 念願の一人暮らしだったが、恐怖新聞が届き始める
  • イタズラだと思っていたが、新聞に書いてあるとおりの事件が立て続けに起こる
  • 殺人・事故・虐待・自然災害・不正などありとあらゆる災厄を予言する恐怖新聞
  • 読むと死ぬと言われる恐怖新聞
  • 1日読むごとに100日寿命が縮まると言われる恐怖新聞
  • 詩弦は次々と身に降りかかる恐怖に、自分が存在していることさえ不安に感じる
  • 恐怖新聞に書かれた未来を、誰かのために変えようと詩弦は行動を起こし始める
  • その行動により、詩弦を取り巻く人間関係さえも音を立てて崩れ始める・・・
  • 死へのカウントダウンがはじまり、詩弦は生き抜くことが出来るのか
  • 狂気と戦慄のサバイバルのなか、恐怖新聞の真実が明らかになる
  • その時、物語は想像を絶する展開に・・・

物語の中で、詩弦が「自分の存在している意味は何だろう」と葛藤し成長する姿も見どころの一つ。

 

ただ恐いだけでなく、次の展開も気になる・・・最後はどうなるの?!と見逃せない、期待のドラマです。

 

 

【恐怖新聞】ドラマのキャスト・演出

ドラマ・恐怖新聞はキャストだけでなく、監督や演出も豪華なのです!

キャスト・監督・演出家について役どころや簡単な経歴をまとめました。

白石聖(小野田詩弦)

【役柄】

普通の女子大生ながらも、恐怖新聞に翻弄され、「自分の存在する意味」を考え、誰かの為に行動を起こす内に自身も成長していく。

  • 1998年生まれ、奇跡の世代と呼ばれる中で演技力No.1の注目若手女優
  • 神奈川県出身
  • 芸映プロダクション所属
  • 代表作品:Prince of legend・絶対正義・きょうのキラ君 など

→関連作品を無料で見る

黒木瞳(小野田歌子)

【役柄】

詩弦の母親。恐怖新聞に立ち向かう詩弦に対する歌子の言動に注目。

「一筋縄ではいかないお母さん」という印象。ホラーの中にも人間味溢れる親子の関わりが随所に見られる。

  • 1960年生まれ、福岡県出身
  • 中田秀夫監督との共演作:仄暗い水の底から・終わった人・怪談など
  • 過去に出演したホラー作品:仄暗い水の底から・怪談・深夜病棟・リング・学校の怪談 など

→関連作品を無料で見る

その他キャスト一覧

  • 駿河太朗
  • 横田栄司
  • 片山友希
  • 坂口涼太朗
  • 猪野学

 

演出:中田秀夫

  • 1961年生まれ、岡山県出身
  • 代表作:リング・リング2・ザ・リング(ハリウッド版)・インシテミル7日間のデス・ゲーム・クロユリ団地・スマホを落としただけなのに・事故物件 恐い間取り

→関連作品を無料で見る

恐いと言われるホラー作品ほぼ全てを中田秀夫氏が手がけていると言っても過言ではないですね・・・!

映画だけでなく、世にも奇妙な物語・本当にあった怖い話などのドラマも多数手がけています。

 

全7話の今回の恐怖新聞も、しっかりと恐いながらも登場人物の感情や、人間ドラマも意味深く描いていると言うことで、見応えありそうですね。

深夜ドラマにはもったいない!

 

脚本:乙一

1978年生まれ、福岡県出身の小説家です。

代表作には、

  • GOTH
  • くちびるに歌を
  • ZOO
  • 平面いぬ。
  • 失踪HOLIDAY
  • きみにしか聞こえないCALLINGYOU
  • 暗いところで待ち合わせ

などがあります。

  • ジャンプ小説・ノンフィクション大賞
  • 本格ミステリ大賞
  • このミステリーがすごい!
  • 小学館児童出版文化賞

など数々の賞を受賞されています。

 

乙一氏の表現力やストーリー展開、怪奇さ、戦慄感などに魅力を感じるファンも多いです。

一冊でも読んだことがある方は、なんとなく引き込まれる感覚を感じたことがあるでしょう。

 

私も乙一さんのファンです。今回脚本に関わっているということで、これは絶対におもしろいぞ!と期待を膨らませています^^

 

 

 

 

 

【恐怖新聞】ドラマと原作の違い・原作を無料で読む方法

ドラマ・恐怖新聞では、主人公やその母親、彼女たちを取り巻く事件に対しての人間関係や感情、成長に関する描写が細かく表現されていると期待します。

そういう意味で、原作とドラマに違いが出てくるでしょう。

 

また、原作では窓ガラスを突き破って恐怖新聞が投げ込まれる・・・というくだりがマストなんですが、

この辺りも忠実に再現されるのか気になりますね!

 

原作漫画の作者は、つのだじろう氏。

1973年から少年チャンピオンに連載され、コミックスは全9巻です。

ドラマがはじまる前に原作を読んでみたい方は、U-NEXTがオススメです

 

恐怖新聞はあらゆる漫画配信サービスで配信されていますが、全9巻を最も安く読めるのはU-NEXTでしょう。

 

U-NEXTの無料おためし期間を利用すれば、おためし登録時に600ポイントがもらえます。

無料期間が過ぎて、月極1980円支払ったとしても毎月1200円分のポイントを受け取ることができます。

つまり・・・
1ヶ月目 600p-0円=600pオトク!2ヶ月目 1200p-1980円=実質620円の支払い!もらえるポイントは1800ポイントとなります。

恐怖新聞はU-NEXTでは1冊605ポイントです。

残り15ポイント(15円)を追加すれば、

実質635円で3冊読めると言うことに!

 

月額無料や1話無料、1巻無料でその後に課金を続けるより遥かにオトクです

→さっそく恐怖新聞原作漫画を読む!

しかも、U-NEXTなら漫画だけでなくドラマや映画の見放題があるのも魅力です。

 

  • 仄暗い水の底から
  • きょうのキラ君

なども見放題の対象です。

 

 

漫画だけを見るよりも、映画やドラマも一緒にチェックした方が断然楽しめますね!

 

→U-NEXTの無料おためし登録はこちらから

 

まとめ

なにかと毎シーズン話題になる、大人の土ドラシリーズ。

今回は史上最恐のホラードラマの器用ですが、

  • ホラー映画リングでお馴染み中田秀夫監督
  • ミステリー大賞作家乙一脚本
  • 奇跡の世代No.1女優白石聖

このタッグは深夜ドラマには本当にもったいない!

 

ぜひ原作からチェックして全7話のドラマを楽しんでくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

ライフスタイル
umyをフォローする
スポンサーリンク
こどもといっしょ!

コメント